• ホーム
「鬼平江戸処(おにへいえどどころ)」のご紹介

2013年12月19日(木) 

pic15724

 

東北自動車道(上り線)羽生パーキングエリア(PA)に『鬼平江戸処』が12月19日(木)午前10時に開業しました。

 

 

『鬼平江戸処』は、小説の主人公である鬼平こと長谷川平蔵宣以(のぶため)が生まれた1745年から、江戸の町人文化が隆盛を極めた文化・文政年間(1804年~1829年)に焦点を当てており、民俗学者の神崎宣武(かんざき のりたけ)氏の監修・指導のもと、アートディレクターの相羽高徳(あいば たかのり)氏のデザインにより、建物から小物に至るまで「本物」にこだわった江戸の空気感溢れる空間を演出しています。

 

また、食事処(フー ドコート)や売店では、江戸の味を今に伝える老舗のお食事や、江戸を感じさせる数々のお土産品を取り揃えるほか、従業員の所作やどこからか聞こえてくる物売りの声などの演出にも江戸のエッセンスを散りばめており、あたかも江戸時代にタイムトリップしたような体験をお楽しみいただけます。

 

このプロジェクトは、鬼平犯科帳の作者・故池波正太郎氏の生誕90周年にあたり、同氏の著作権を管理する株式会社オフィス池波との提携・協力により実現を目指すもので、現代の高速道路に出現する古き良き江戸情緒を、ぜひ感じ取っていただきたいと考えています。

 

屋台連イメージ②

 

 

屋台連イメージ③

 

 

【鬼平江戸処の店舗】

 

お食事処(フードコート)・売店あわせて9つの店舗がございます。

お食事は、すべてフードコート形式でご提供いたします。老舗や名店の味はもちろん、江戸の庶民に親しまれた食材を使った丼ぶりなどの日常的なお食事、気軽に楽しめる串ものなどの軽食も取りそろえ、『鬼平犯科帳』に登場する軍鶏料理屋「五鉄」を再現した飲食ス ペースでお召し上がりいただきます。

また、両国広小路のにぎわいを演出した一角にある売店では、小説に登場する「目黒・桐谷の黒飴」などのオリジナル商品をはじめ、伝統的な工芸品や江戸老舗のお菓子、和雑貨などの商品をお買い求めいただけます。

店舗の名称などにつきましては店舗一覧PDFへリンクを御覧ください。

 

 

  • ホーム